秋が深まってきました・予告『家喜芋』~ブログ 「着楽にいこうぜ!」

秋が深まってきました・予告『家喜芋』

 秋が深まってきました・予告『家喜芋』

   (2010年10月31日)

あんなに暑かった日がウソのように、この数日はストーブが必要な気温です。


このままでは、一番過ごしやすい時期を通り越して、冬の気配に近づきそうですね。 でも気候に負けることなく、深まりゆく秋を楽しみましょう!


このところお客様のところで、『どこにタンスを置いて、きものを保管するといいでしょうね?』という話が出るたびに、1300年もの間、宝物を守ってきた正倉院の高い床と壁の木組みはすごいものだなと、感心します。


奈良では正倉院展と平安遷都1300年祭が行われています。 秋の1日「きもの」でお出かけいかがです?




来月4日の『おちゃ会』で召し上がっていただくお菓子をご紹介。


今回は、京都・二条城東にある「二條若狭屋」さんの素朴なお菓子です。 このお店は総本家若狭屋さんで修業された初代がのれん分けを許され、大正6年に創業。 初代は、芸術家肌の奇抜なアイデア満載の人で話題が絶えない人だったそう・・・

家喜芋(やきいも)

名前がおもしろい「家喜芋(やきいも)」です。 「家の人が喜ぶ芋」という意味が込められた素朴なお饅頭です。


丹波山芋(つくね芋)の皮で包んだ、こしあん、つぶあん、白あんの3種類のお饅頭です。 甘さを抑えた上品な味・・・だそうです。 つき次第試食しておきます。

焼き栗

もうひとつ「焼き栗」です。 京都の丹波栗を丸ごと使い、白あんでくるんで焼いたお菓子。 栗の歯ごたえと風味がいい感じ。 あんこが苦手の方でも食べていただけるかなあ~。


『おちゃ会』は気軽にお店に足を運んでいただきたいという企画です。


たくさんのご来店お待ちしております。 『このお菓子は食べたい』という方はメールhishiya4649@nifty.comか、電話079-424-2629でお申し込みくださいね。


参加費は200円です。 ご来店お待ちしております。


Tag: イベント

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional