着物クリーニング「しみぬき・カビ落とし」

着物クリーニング「シミ抜き・カビ落とし」

 着物クリーニング「シミ抜き・カビ落とし」

  • まず、総合診断をします
    汚れの箇所、程度、何によるしみかを見て、しみ抜きでいいのか、丸洗いが必要か?
    生地が溶剤に耐えられるか、箔や刺繍、友禅の状態はどうか?
    診断をする確かな目が必要です。

 丸洗い(クリーニング)

  • 丸洗い(クリーニング)
    丸洗いの工程では、仕立て上がりのきものの状態で、
    まず衿、袖口、裾とベンジンで落とせる目に付いたしみを手作業できれいにします。
    その後、石油系溶剤を使い、一枚ずつネットにいれて機械にて洗います。
    室内で自然乾燥させた後、落としきれていない汚れや変色を、
    超音波洗浄機を使いきれいにしていきます。

    衿の手洗い  最新の洗浄機  乾燥機

 シミ抜き

  • シミ抜き
    シミ抜き
    部分的なしみを取ります。
    食べこぼし、汚れ、水じみや汗じみによる変色など。
    職人の経験と勘が必要な作業です。
    しみをどこまでとるかも重要です。
    頑固なしみは、時間とお金がかかります。
    お客さまの要望をお聞きすることが大切です。

    事例1・駒生地のコート・袖-シミ抜き
    コート袖のシミ  コートの袖・シミ抜き後

  • 黄変抜き
    黄変(おうへん)とは、汚れや汗じみが、経年変化で黄色く変色した状態の汚れのことで、特殊な技術が必要です。

    事例1・色留袖・裾-黄変抜き
    画像の説明  画像の説明

 カビ落とし

  • カビ落とし
    タンスに長年しまったままにしていると、湿気などによりカビが発生することがあります。
    このような場合は、全体を丸洗い、カビ落としをしてから熱を加え抗菌加工を施します。
    カビが白い場合は比較的きれいになりますが、茶色く変色している場合は元のようには戻りにくいです。

    事例1・訪問着・上前柄の部分-カビ落とし

    訪問着柄の部分のカビ  カビ落としをしてきれいになった訪問着


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional