男物の紬~ブログ 「着楽にいこうぜ!」

男物の紬

 男物の紬

   (#178・2010年11月25日)

 昨日のブログにアップするはずが、画像データを店に忘れてたので1日遅れとなりました。

「男物の紬、欲しい方がいるので、いいものでお値打ちな品を持って来て下さい。」といつもお世話になっているS様よりお電話をいただいていたので、昨日の朝お伺いしました。

真綿手織紬

お電話を頂いてから、問屋さん数件にあたりましたが、以前扱ってた商品は「もう織られていません。」とか「廃業されました。」ということで、今回送っていただいた男物手織り真綿紬も「もうやめられるので、あるだけで終わりです。」安くしていただき、お客様は喜んでおられましたが、なんか複雑です。 


今年は、全国的に売れ行きがきびしいようで(もちろん元気なお店もありますが)染物から帯、紬などの織物まで生産元は仕事がなくやめられるところが多くなっています。 それも高い技術を持っておられるところからですね。 今までの流通や販売方法などとかく問題の多いきもの業界ですが、着る機会作り、きものファン作りなど最近になってようやく取り組んでいるものの努力と工夫が不足していたように思われます。


また、生活習慣も変わっていく中で、【着物】の在り方を含め、もっともっと知恵を出していかなければなりません。


着物を楽しんで着て下さる方を増やし、ファッションとして定着、浸透していくようになってほしいですね。 微力ながらじたばたしつつ、「着物のことなら、菱屋さん」と言われるよう、お役にたっていきたいものです。

お買い上げいただいたSO様、ご紹介いただいたSI様、ありがとうございました。


Tag: 男のきもの

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional