ブログ 「着楽にいこうぜ!」 楽しい「はっぱ」の帯!

楽しい「はっぱ」の帯!

 楽しい「はっぱ」の帯!

   (2010年8月22日)

今日は、西宮のお客様宅に、きものお手入れの納品に行きました。


「秋支度の会」まであと5日! お客様来て下さるかなあ? と不安な毎日です。


会に出品予定の商品から・・・楽しい「はっぱ」の帯をご覧ください!


「はっぱ」名古屋帯


型絵染の荒川真理子さんの帯です。
「はっぱ」と名付けられていますが、ジャックと豆の木の『天に続くつる』のように見えませんか?


はっぱの柄の中には桜や紅葉も描かれており、9月の単衣の時期から袷の時期いっぱい使っていただけます。


この帯、贅沢にも全通柄(手先から垂れ先まで全部柄が入っている)です。


「はっぱ」名古屋帯


草木染のため、地染に若干ムラがあり、それがいい味になっています。


「はっぱ」名古屋帯


この帯を信州伊那地方で織られた「伊那紬」に合わせてみました。


薄いグレー地に紫のグラデーションがステキなきものです。帯の辛子色がスッキリと良く合います。


型絵染の帯は、色遣いもはっきりしており存在感があります。この紬をはじめ、結城紬、大島紬、みさやま紬などいろいろな紬に良く合います。


伊那紬


このきものは、山桜、矢車玉、りんごなどを使って染められていますが、伊那紬はこの地方でとれる豊富な草木を使い染められており、大地の恵みが、きものに織り込まれていると言えます。


草木染めで手織りの「きもの」は、素材、織手の力が感じられます!ぜひ近くでご覧になって下さい。


楽しい雰囲気の「はっぱ」の帯、いかがですか・・・


Tag: きものコーディネート

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional