ブログ 「店主の日々」 単衣に向く久米島紬

単衣に向く久米島紬

 単衣に向く久米島紬

   (2010年7月30日)

昨日、おとといの雨で農作物や植物は喜んでいるようです。暑さもいっとき和らぎました。


昼からは着付け教室のため、今朝は早く出勤しニューズレターの折込チラシを作りました。


生徒さんが来られる直前に出来上がり、ほかほかのニューズレターを持ち配布に廻りました。


今日の着付け教室の生徒さんも、ホームページを見てお電話下さいました。明後日の加古川花火大会にご自分で「ゆかた」を着ようと習いに来られたとのこと、当日きれいにきれるといいですね!


ホームページのおかげでいろいろな方とご縁ができ、うれしいことです。




まだまだ暑い夏ですが、その次の単衣向きのきものをひとつ・・・

久米島紬

久米島紬は泥染めに絣の入ったものが多いですが、これは色もので・ゆうな染といわれる明るいライトグレーの地色に黄色の縞が入ったやさしく柔らかい雰囲気のきものです。


6月や9月の単衣の時期に、よさそうな色合いだと思いませんか?

久米島紬

今回は、生紬地(しゃきっとした生地)に絞りを入れた染帯を合わせて見ました。


単衣のきものをお探しの方、こんなコーディネートはいかがですか?


今日は朝からチラシを作り、印刷をし、配達と郵送の手配と一日ばたばたでした。もう日付が変わっておりますが、30日のブログにして、ようやく休めます。

ではまた明日・・・


Tag: きものコーディネート

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional