きもの菱屋 きものをいつまでもきれいに!! 保管上の注意

保管上の注意

 きものをいつまでもきれいに!!  保管上の注意

  きものは高度な技術と経験によって作られた製品です。
  普段のちょっとした心がけで、
  大切なきものをいつまでもきれいに保つことが可能です。

  1. よく手を洗う−これが最も大切なことです
    きものをさわる前、手を洗うように心がけましょう。案外、自分が触れることできものを汚していることも。手を洗うことは、簡単でありながら、実は最も大切なことです。

  2. 「しまいっぱなし」がトラブルのもと。
    まめに点検して湿気を防ぐ。

    「しまったまま」では、湿気を帯びてきますし、ガスがこもることもあります。時々タンスを開けて空気を入れ換え、できれば半年か一年に一度はきものを虫干ししましょう。

  3. ウール、ゴム製品と絹製品は一緒に保管しないこと。
    ウールのきもの、腰紐やショール、着付け用ゴムベルトなどは硫黄分を含むため、絹のきものや帯の金糸に変色をおこす危険性があります。ウールは虫がつきやすいという点からも絹製品とは別々に保管しましょう。

  4. 防虫剤を使うときは、
    きものに向くものを1種類にすること。

    防虫剤は使用法、使用量を守り、二種類以上を併用しないこと。防虫剤の誤った使い方は金彩加工を痛めます。防虫剤の種類を変える時は、収納場所から全ての物を取り出して完全に臭いが飛ぶまで陰干しします。

  5. 光に当たらないようにすること。
    日陰のつもりでも油断は大敵、照明でも色ヤケします。

    きものは光(紫外線)によっても変色します。きものを干す間は、直射日光があたらないようにし、室内の照明も消して。干す時間も必要最小限にしましょう。

  6. 当分着ないものや夏物などは手入れに出してからしまう
    小さな汚れや汗じみは、気がつきにくいもの。時間がたつと汚れが浮いてきたり、広がったりします。当分着ないものや夏物は、シーズンの終わりに手入れに出してからしまうほうが安心です。

「虫干し」がほとんどのトラブルを防ぐ

湿気はきものの大敵。どんなにていねいにしまっても、しまったままではいけません。
時々タンスを開けて空気の入れ替えを。

  • 簡単なやり方でもまめに行なうことが大切
    虫干しに最適な条件は、晴天が 2 日以上続いた、空気が乾燥した日
    時間は午前 10 時ごろから午後 2 時頃
    窓を開け、風通しのよい場所に干すか、たとうしを開けて風を通すか、
    タンスの引き出しを開けておくだけでも効果あり
    直射日光に当たらないように必ず陰干しし、室内の照明も切る。
    風通しの悪い納戸などには扇風機を使い、乾いた風を送りましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional