ブログ 「店主の日々」

今日は長女の卒業公演でした。

 今日は長女の卒業公演でした。

   (2010年6月19日)

「きもの」に関わることを毎日書いてきましたが、今日は「きもの」以外のテーマですいません。


長女は兵庫県の公立高校で唯一の演劇科に在籍しています。家内は何かあるごとに娘の学校に行き、文化祭などのイベントを見てきましたが、私は3年間で初めて見に行った行事が、娘の卒業公演でした。

兵庫県立尼崎ピッコロシアター

入学してから2年半、この卒業公演のためにダンス、狂言、日本舞踊、劇表現など多くの専門科目を35人の同級生と共に頑張ってきました。


また講師の先生方は、プロの演出家や劇作家、ダンス、狂言などの方々で、厳しく高いレベルを求められつつ、礼義を大切にする姿は、社会に出ていくためには必要なことで、いい勉強をさせていただいてることに感謝しておりました。


3年間同じ仲間と泣いたり笑ったり本音でぶつかり合いながら全力で取り組む姿に、私たちも勇気をもらいました。


今日はそんな子供たちの晴れ舞台、制服を着ていると普通の高校生ですが、舞台に立つ姿は皆立派で、自信にあふれていました。


今日の1時間半の公演はあっという間に過ぎ、楽しい時間でした。


会場整理をしてくれていた後輩や準備を手伝って下さった先輩、ご指導いただいた先生やピッコロ劇団の方々など多くの人々に支えられ終えた公演は、一人一人のこれからの人生に大きな自信となるでしょう。


今日は店を早じまいしてしまい、ご来店いただいたお客様にはたいへん申し訳ございませんでした。私も娘やその友人達に元気をもらいました。自分の役割と責任を果たすべく、また明日から頑張りたいと思います。


Tag: 店主のひとりごと

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional