ブログ 「店主の日々」 京都廻りと靴ずれ

京都廻りと靴ずれ

 京都廻りと靴ずれ

   (2010年8月2日)

今日は、家内と一緒に月初めの京都廻りに出ました。


8月は暑くなかなか商売になりにくいこともあり、小売店も休憩されているところが多く、問屋さんはどこも静かでした。


今日も暑い一日で、家内は汗をかきかき「涼しげな顔で」ときものを着て出かけました。休憩に入った喫茶店の店内から庭を眺めていると暑さを忘れます。

喫茶店の庭

月末の27日(金)~29日(日)に当店でおでかけ紬とコート展を開催するため、商品の打ち合わせを中心に数社お邪魔いたしました。


先日、迷いつつ仕入れをやめた紬を扱っている問屋さんへ行き、商品の打ち合わせの途中で、一目ぼれの帯に出会いました。


家内と二人して気に入り、思わず購入してしまいました。他にもいい紬のきものがあったのですが、それは月末の会に出品をお願いしてきました。


当店へ入荷次第、ご紹介いたします。


久しぶりに惚れる帯に出会え、嬉しくなりました。


自分たちが気に入る商品を扱い、好みを共有できるお客様にご紹介する。そんな商いなら楽しいよねえと話しつつ、いろいろ見て回りました。




毎回、京都へ出ると結構歩きます。


昨日おろした新しい靴を履いていったため、靴ずれをおこしてしまい、途中のコンビニで救急絆を買って足に張っていると、となりの女性が「靴ずれ痛いのよねえ、二枚重ねて張っといたほうがいいよ」と気さくに声をかけて下さいました。


「気軽に声をかけ合えるっていいなあ」と思いつつ、やっぱりもう少し履きならしてから京都に来るべきだったと反省です。


Tag: 店主のひとりごと

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional