ブログ 「着楽にいこうぜ!」 京都は今日も暑かった・おしゃれな羽裏

京都は今日も暑かった・おしゃれな羽裏

 京都は今日も暑かった・おしゃれな羽裏

   (2010年9月1日)

月初めの京都廻り、朝から家内と一緒に出かけました。


家の中にいても蒸し風呂のようなじわっとした暑さです。まだ、戸外のほうが風があるねといいながら京都へ向かいました。


四条烏丸を中心に半径1キロ位のところをあっち、こっちうろうろしました。


昼から伺った、絞りの専門店では、七五三の祝い着、絞りを生かしたきもの、染帯と共に、男物の羽織の裏がたくさん展示されていました。


男物羽裏


男物羽裏


男物羽裏


羽織の裏地のことを「羽裏」といいますが、着てしまえば見えない部分です。


男物のきものは、女性物のように色、柄の選択肢がありません。そこで、遊び心を十分に発揮できるのがこの羽裏です。


「こい」はカープファンに喜ばれたそうですが、そうするととなりの「トラ」はタイガースファンにススメル?なんていいながら見せていただきました。


羽裏が表地より豪華なことを「裏勝り(うらまさり)」といいます。


貴方もきもの、羽織を作る時、羽裏に凝ってみてはいかが?


たとえ自己満足といわれようとも、裏勝りは男の美学です。


Tag: 店主のひとりごと

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional