きものを着る前・着た後のチェックポイント

事前・事後のお手入れ

 きものを着る前に ・・・ チェックポイント!

  1. きものを準備する時には、手を洗いましょう

  2. たとう紙から出したきものや帯に、シワやしみがないか見ます。

  3. 長襦袢には半衿が付いているかどうか確認を、
    またおしゃれな半衿に付け替える場合などは、半衿を付けます。

  4. 防虫剤や樟脳の臭いを飛ばしたり、シワを伸ばすため、
    きもの、長襦袢をきもの用のハンガーにかけて、約1日おきます。
    静電気をカットして埃を寄せつけないために ・・・ 裾よけ、長襦袢、きものを正絹で統一するか、裾よけはキュプラやレーヨンか絹交織を選びましょう。化繊を着るときは、静電気防止スプレーを使います。
  5. シワが取れない場合は、当て布をしてアイロンを当てます。
    この時スチームアイロンのスチームは生地を縮めるので使わないようにします
    頑固なシワの場合は・・・当て布を霧吹きで少しぬらして、シワの部分に置きます。その上からアイロンをかけると、頑固なシワもよく伸びます。
  6. 小物類もコーディネートします。
    帯締めの房が乱れていたら、やかんに湯を沸かし、蒸気を房にあててから櫛で整えます。
  7. 出掛けるときには、できるだけ何かはおる。
    道中で知らないうちに汚すことを防ぐため、コートやショールは、ちり除けとしても大切です。

    足袋の裏技 … 足袋を履く前に、足袋裏にスプレーのりを吹き付けておくと洗濯したとき汚れが落ちやすくなります。すぐに履かれる場合は、スプレーのりを吹き付けてからアイロンをかけておくとよいです。

 きものを着た後に ・・・ 次着るときのために!

  1. 手を洗い、敷物の上で脱ぐ。
    帰ったらすぐに着たままで、裾の埃を乾いたタオルではたいて取る。
    次に手を洗い。敷物 ( きもの用衣裳敷か清潔な風呂敷 ) の上で脱ぎます。

  2. さ干し ( 汗取り ) をする。
    きものは衿を広げ、長襦袢と別々にハンガーに掛ける。
    帯は温もりのある間に端からたたいてシワを伸ばし、中表にハンガーに掛ける。
    干す場所は、風通しがよく直射日光があたらない場所に、照明も消しておきます。
    また、この時に、しみや汚れがないか点検します。シミは後から目立ってきたり、時間が経つほどに落としにくくなります。早めの手入れが有効です。
    シミを付けてしまったら …                                            お酒、しょうゆ、ソース、口紅などの、シミを付けてしまったら、まず、ティッシュで押さえる(*こすらない)。     水分だけを取って、その後お手入れに出してください。この時、いつ、何のシミかをお伝え下さると、シミを落としやすくなります。油性の汚れを、おしぼりなどで拭いてしまうと、プロでも落としにくくなります。               「さわらない」「こすらない」がシミをきれいに落とす近道です。

  3. 長襦袢と半衿
    長襦袢は、湿気を抜き、半衿を点検してから畳んでしまいます。
    汗ジミは後になって目立つようになります。
    汗をよくかいた時などは、お手入れに出しましょう。

    半衿がよく汚れている時は、はずして洗います。
    この時、素材により使える洗剤が異なりますので、注意が必要です。
    半衿の汚れが軽微な場合は、長襦袢につけたままお手入れもできます。
    次着る時のために、半衿はきれいにしてからしまいましょう。

  4. しまう前に埃を払う 。
    きものの湿気が抜けたら、しまう前に、敷物の上に広げ、埃を取ります。
    乾いた柔らかい白いタオルかガーゼ、きもの用ブラシなどを使い、肩、袖山、裾、上前など埃のつきやすいところを軽く叩くようにして埃を取ります。決してこすらずに、刺繍や箔のところは傷つけないように注意します。

  5. きものをきれいにたたむコツ
    手のひらを使って、縦方向に移動させると、空気がきれいに抜けて、きものがピタッとします。
    二つ折りする箇所にきもの枕を入れておくと、折ジワが防げます。タオルなどでも良いです。
    たとう紙が変色していたり、点々とシミがついていたら、たとう紙を新しい物に交換してください。紙には虫がつきやすいです。

  6. ぞうりのお手入れ
    脱いだ後、底の湿気を取るため、立てかけて陰干しか、割り箸二本を並べた上に置きます。
    佐賀錦などの裂地は、柔らかい布で、布目にそって叩くように埃を取ります。
    エナメルは専用クリーナーを使い、柔らかい布で拭きます。
    頑固な汚れは消しゴムで落ちることもあります。
    畳表のぞうりは、ブラシなどで埃を取ってから、柔らかい布を酢水で絞って手早く拭き、乾燥させます。
    ぞうり枕を鼻緒に挟んでからしまっておくと、型くずれが防げます。

  7. 帯〆・帯揚げのお手入れ
    帯〆は、よれを直して伸ばし、結ばずに6つ折くらいにして収納します。房は、くしでといて和紙などで巻いておくと良いです。市販の房留めも便利です。
    帯〆の房がぼさぼさして見苦しくなってきたら、やかんで蒸気を当ててよれた糸を伸ばし、くしで整えます。その後充分に湿気を取ってから、紙で巻いてしまいます。
    帯揚げも、干して湿気を抜きます。
    二つ折にしてから、シワを伸ばしながら巻いてしまっておきます。こうすると、次に使うときにシワが伸びています。

    紐類は巻いて、肌着類、足袋も手洗いか、洗濯機ならネットに入れて弱水流で洗います。

    こまめな手入れがきものを長持ちさせます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional