ブログ 「店主の日々」 チキンソテーと日本画

チキンソテーと日本画

 チキンソテーと日本画

   (2010年10月1日)

恒例の月初めの京都廻り、家内は長女の高校へ運動会を見に行ったので、一人で出かけました。


昼食は最近ときどき行く、板前洋食のお店、本格的な洋食が手軽に味わえるとのことで、いつも満員です。


弥生


今日は、チキンソテーをいただきました。


チキンソテー


ボリュームがありおいしかったです。




商品を見る間に、少し時間を作って「京都市美術館」へ。


本当は、美術鑑賞にゆっくり出かけたいのですが、そんなことをいってると機会を逃しそうなので、特急で鑑賞しました。


京都市美術館


私は日本画の写実性、繊細さが好きですが、明治期には、染織の下絵を日本画家の方々が書かれており、下絵の絵画、染や織りの作品を並べて鑑賞出来、素晴らしい下絵に支えられた染織作品の奥深さを感じました。


また、高島屋の収蔵展では、「さすが高島屋」とうならせるコレクションの数々、美術品と【きもの】のつながりも感じられました。


もう10月、今年もあと3か月となりました。暑い時期が過ぎこれからが【きもの】の季節、皆さまのお役にたてるよう頑張っていきます。


Tag: 店主のひとりごと

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional