ブログ 「店主の日々」 ほっこりする塩沢紬

ほっこりする塩沢紬

 ほっこりする塩沢紬

   (2010年8月8日)

月末の「おでかけ紬とコート展」に向けて、商品の紹介をしていきたいと思います。


今回、ご縁ができた「太田和(おおたかず)」さんは、元は大島紬・結城紬を専門に扱う問屋さんでした。


それが、三代目の当代になってから全国でこつこつとモノづくりをされている作家さんや職人さん約300人と信頼関係を築きながら、織物を中心としたきもの、帯を扱っておられます。


よその問屋さんのように、たくさんの商品があるわけではないのですが、「なんか ええもんがある」、「ちょっと変わったもんがある」何だかワクワクする魅力的な問屋さんです。


太田和さんのおめがねにかなった、ポリシーのある個性豊かなもの。そして一見何でもなさそうであるけれども、味わいのあるものが程良くおいてあり、作家さんの力ある作品がキラリと光ります。


今回はそんな太田和さんの織物を中心にご紹介いたします。




太田和さんが日頃お世話になっている、日展作家の田中稔さんが描かれた「花」の図案です。

花の図案

この図案を元に、織られた塩沢紬です。今回は昨日ご紹介した上原さんの帯を合わせてみました。

塩沢紬

白地にはんなりとした花の柄が織り出されており、さりげないほっこりした雰囲気のきものです。


普通は横糸にだけ真綿を使っていますが、このきものは縦糸にも真綿を使っており、しなやかで柔らかい風合いに仕上がっています。


単衣にしてもよく、裏を付けて袷にしてもいいきものです。



今日は一日、家で片づけをしていました。


Tag: きものコーディネート

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional