かわいい七五三のきもの姿~ブログ 「着楽にいこうぜ!」

かわいい七五三のきもの姿

 かわいい七五三のきもの姿

   (#166・2010年11月13日)

11月は七五三にお参りされる方が多いですね。 当店でも身あげを直したり、小物をお尋ねのお客様があったりします。 最近は、写真館でレンタル、撮影される方も増えてきました。 今日は大安の土曜日ということもあり、七五三詣りされた方も多いようです。


七五三のいわれ~
 昔は11月の吉日を選んで、氏神様に参詣しお祓いを受けました。 11月の中でも15日が陰陽道の吉日にあたるといわれ、江戸時代から11月15日に祝うようになったそうです。

 三歳は「髪置の儀」:それまで剃っていた頭に頂髪(たきふさ)を置く儀式でした。

 五歳は「着袴の儀」で王朝の頃、女も袴をはいていた時代には、男女ともこのお祝いをしたものですが、服装の変化と共に男子だけ袴をつける儀式となりました。

 七歳は「帯解の儀」または「帯直し」といわれる女の子のお祝いで、付け紐を取り帯を結ぶ儀式です。一般にお参りの帰りには親戚を回り、その夜は祝宴を開くという習わしでした。

 この行事は。子供の成長過程での大事な区切りにあたり、将来を祝い神に祈る儀式として行われてきました。

赤い四つ身

当店にもかわいい四つ身のきものがあります。 きれいな赤色に千總の手描き友禅のきものです。 どんなお嬢様にご縁があるのか楽しみです。


七五三詣りのかわいい紳士、淑女の皆さん「おめでとうございます。これからも健やかに成長していってくださいね。」


Tag: 七五三

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional