【着付け技能士】国家検定について~ブログ 「着楽にいこうぜ!」

【着付け技能士】国家検定について

 【着付け技能士】国家検定について

   (2010年10月27日)

 「お免状あるのですか?」と「着付け教室」へのお問い合わせで時々尋ねられます。


「きものを着る人を増やそう!」というコンセプトにより、当店の「着付け教室」は、普段【ラクに】【きれいに】きものを着れるようにと、何か所かの着付け教室で習った家内が、それぞれの「いいとこどり」をしてお伝えしていますので、「お免状」なるものはありません。


資格としての「着付け」ではなく、「きものを着れる」という実用を重視しているので、生徒さんのご希望に合わせて、必要なところだけお伝えしています。


着付けを習うところでは、独自の資格制度があり段階により試験があり、高額な「お免状代」が必要です。「きもの」着るのに資格いる?と疑問に感じていました。


そんな折、いつも仕立てをお願いしている和裁士の先生より「今年から『着付け』に関する国家検定が出来るらしいよ・・・」ということを伺っており、昨日、おとといと大阪で実技試験があり和裁士の先生が受験されました。


これまでも、「統一の国家検定を作ろう」という話はあったそうですが、美容業界、着付けの学校などそれぞれ独自の資格があり、話がまとまらなかったようです。それがこのところ技術を持たない「美容室での着付け」が多く、トラブルの原因となっているそうで、今年始めて【国家検定】が実施されるという経緯を伺いました。


合格すると「1級又は2級着付け技能士」として看板をかかげて活動ができます。


これなら「高額なお免状代」も必要なく、全国統一の資格ですので安心です。今後「お免状はあるのですか?」とお尋ねのお客様には、この【国家検定】をお知らせしようと思います。


和裁士の先生より『朋ちゃん(うちの家内)も資格とっといたら?』とお声掛けいただきましたが、どうするのかなあ?


Tag: 着付け教室

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional